板橋ビューネ2017出展者公募

2017年に開催される演劇祭「板橋ビューネ2017」に参加いただける劇団・個人を公募いたします。

公募概要

公演時期:2017年11月9日-19日

公募団体:2団体

応募締め切り:2017年3月20日

※詳細は、右記資料「公募申請書2017」をご覧ください。

公募申請書2017

ダウンロード
板ビ2017公募申請書ver6.pdf
PDFファイル 468.4 KB

公募申請書2017のwordファイルは、以下よりダウンロードできます(グーグルドライブ)。

「公募申請書2017」



「劇団は可能か?」

 

2013年より開催してきた「板橋ビューネ」も、今年で5年目となりました。

 

演劇祭を担う中堅の劇団が創造しやすい環境を作っていくこと、若手の劇団が芸術活動に集中しやすい枠組みを作っていくことを目指してきました。

 

おかげ様で、板橋ビューネに参加くださった劇団同士に交流が生まれたり、会場であるサブテレニアンと提携公演をする劇団も生まれることになりました。

 

また、板橋ビューネは、地方都市に居を構える劇団と交流を続けています。これまで、名古屋、札幌、島根と日本の地方を巡ってきました。また、国を超えて韓国と交流を続けてきたおかげで、今年は韓国公演を組むことができました。行政のプログラムではなく、市井の劇団同士が国を超えてつながるというのは、演劇への情熱があってこそなせることだと思います。

 

2000年を過ぎた辺りから、「劇団活動を行う」ということの、様々な不具合や問題が前景化されてきたように思います。バブル期から商業主義演劇へ至る、「劇団」という集団創作の形態は、貧困の21世紀を生きなければならない今日の状況においては、維持することすらままならず、むしろ芸術家の創造力を削ぐような無益な労力を費やすだけの活動になってしまったようにすら思えます。

 

私たちは、いつまでも芸術家のための演劇祭であり、芸術家による演劇祭であろうと思います。「演劇とは何か」を今日的視点から改めて問い直し、芸術家のための演劇活動を実現したいと思っています。

 

ささやかな活動の場所ではありますが、キャリア・年齢問わず、多くの人に応募していただきたいと思っております。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

板橋ビューネ実行委員会